毎年恒例!古民家 春の大掃除2019


今年も落としましたよー!

2週間ほど経ってしまいましたが、今年も春がやってまいりまして、すでに恒例となっている箕澤屋 春の大掃除、行いました。

箕澤屋スタッフとお手伝いに来ていただいた方、約10名ほどで、一年分のホコリ落としと全体の大掃除。いやー、もう何度か経験済なので想定はしてましたが、やっぱりすごかったです。

一見、そこまで汚くは見えないのですが、クモの巣はいたる所にあり、梁や棚類にはホコリがしっかり溜まってました。

さて、掃除は上から下が基本。

ということで、まずは全体にブルーシートを張りまくります。

そして、上から落とす!落とす!落とす!

張り切って、一番大変な梁のホコリ落としの役目を担ってくれたアニキとだいちゃん。

これはもう業者の人ですね。

そして、落とした後はこちら。

一年経つと、ここまで溜まるのです。
とは言っても、一番最初の年よりはまだ優しい。最初の年はホコリ意外のものたちも、たーっぷり溜まっていたなー。しみじみ。

それに比べたら、このくらいはずいぶんきれいなほうです。

ホコリの溜まったブルーシートをはらい、あとはハタキ→掃除機→ぞうきんがけの順で進めてまいりました。

大勢で一気に進めたこともあり、広い大広間と土間ですが、予定よりもかなり早くに終了!8:30頃から動き始めて、13:00前には終了となりました。

そして、最後に、おにぎりと豚汁でお昼ごはん。
心なしか、部屋の中の空気がすっきり透き通った気分。
やはりきれいになるのは気持ちいいですね。

今回、大掃除のお手伝いに参加してくださった皆さん、ご連絡いただいた方々、ありがとうございました!とっても助かりました。

というわけで、今年も一旦はじまりの準備ができました。

今年の活動については、近いうちに詳細お知らせさせていただきます。

Ayana

Ayana

箕澤屋プロジェクト代表兼管理人。2014年にこの家の存在を知り、魅力的なこの家を残すために活動しています。夏だけかき氷カフェ店主。フルーツ農園の娘。管理人だいすけくんと2人でゆるーい雑談Podcastもやってます。
  • Instagram
  • Twitter