古民家リノベーション④ 改修工事、進んでいます 〜トイレ編〜

古いトイレをリフォームして新しい水洗トイレへ

次は北側のトイレが仕上がっていく様子です。 このエリアは、元々もトイレがあった場所なので、用途としては変わらずで、新しい水洗トイレへとリフォームすることになりました。

これが、元のトイレの様子。味のある染付古便器がおしゃれでもったいないなぁ、という気持ちもありつつ、そこは現代人。快適さを求めて新たなトイレへと改修します。

まず、トイレが撤去され、新しい窓が設置されました。

既存の壁はそのままにして、新たなに柱が設置されていきます。

そこに、断熱材が入り、石膏ボードが設置され、部屋としてはほぼ仕上がった状態に。 ここで、「そういえばトイレットペーパーとかどこに置いておこうか」という話になり、建築士の方に相談。

元々予定していた台に、高さ調整までできるちょっとした棚までつけてもらいました。 あとは、壁を仕上げて便器を設置するだけ!

便器設置は、一番最後になるようなので、工事完了の記事でご紹介します。

 

Ayana

Ayana

箕澤屋プロジェクト代表兼管理人。2014年にこの家の存在を知り、魅力的なこの家を残すために活動しています。夏だけかき氷カフェ店主。フルーツ農園の娘。管理人だいすけくんと2人でゆるーい雑談Podcastもやってます。
  • Instagram
  • Twitter