ネクタリンビール限定販売!HAZY DAZE / In a daze Brewing

ビール好きの方へのご案内!

2019年のかき氷カフェ、今年はビールなしの予定でおりましたが、急遽クラフトビールが入荷することになりました!

というのも、長野県松本市にある自家農園のネクタリンがビールになったから。

これは箕澤屋でも出すしかない。

造ってくれたのは、箕澤屋ブログでもときどき登場する伊那市にあるIn a daze Brewingさん。

地元の素材を使って、いろいろなビール造りに挑戦している中、我ら箕澤屋自家農園のネクタリンも使ってくれることに。

こちらがお届けしたネクタリン。

これらをひたすら処理する店主。

そして、数週間後には完成との連絡をいただきました。

これは飲まなきゃと、ひと足先に、In a daze Brewingさんに飲みにいかせていただきました。

店主いわく今回のネクタリンビールは、数年前から人気のニューイングランドIPAのスタイルに仕上げたとのこと。その名も「HAZY DAZE」。

仕上がりがこちら。

私、厳密な批評ができるほど詳しいわけではないけれど、クラフトビール好きの1人として言葉で説明すると、

かすんだという意味のHazyという名の通り、濁った見た目のIPAで、香りは華やか。口に入れた瞬間に、ネクタリンの味が口の中に広がり、とってもジューシー。

かといって、甘いわけではなく、飲みやすい。

ビールは好きだけど、たくさんは飲めない。味わって飲めるビールとして、かなりおすすめです。

箕澤屋チームの皆でも飲みまして、みな「これはうまい」と。

あのネクタリンがこんなビールになるんだねーと感心しておりました。

そして、車の方でその場で飲めない方のためにも、ちゃんとボトルでも販売してくれてます。

イナデイズブルーイングの店主は何でもします。

ラベルは、店主デザイン。
伊那谷の夕焼けをイメージしたグラーデーションと、ネクタリンや太陽を表現した中心の丸。かわいらしく仕上がってます。

そして、ブルワリーで飲む特典が、ビールと一緒に食べるピザ。至福のときです。

残念ながら、ピザは箕澤屋で出すことはできませんが、このイナデイズブルーイングのネクタリンビール「HAZY DAZE」を、数量限定でかき氷カフェ営業中に出させていただきます。

ビール好き、お酒好きで運転の必要のない方、ぜひおためしあれ。

(2019年のカフェ営業は終了いたしました)

Ayana

Ayana

箕澤屋プロジェクト代表兼管理人。2014年にこの家の存在を知り、魅力的なこの家を残すために活動しています。夏だけかき氷カフェ店主。フルーツ農園の娘。管理人だいすけくんと2人でゆるーい雑談Podcastもやってます。
  • Instagram
  • Twitter